スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
安全・健康を第一に!
2014 / 01 / 25 ( Sat ) 17:23:56
ご無沙汰しております。
なかなか更新しない間にとっくに年が明けてしまいました(>_<;)
超スロー更新ブログですが、見に来て下さる皆様、ありがとうございますm(_)m
今年もよろしくお願いします(^^)♪



1月・・・セサミンもフレンディも色々ありました。まだ1月終わってないんだけどね(^^;)

まずはフレンディ。。。
私が休みの日にSAのドッグランへ遊びに行きました。
小型犬が5頭+セサミンとフレンディ。
仲良く遊んでいたのですが、フレンディは小型犬が持っていたボールが気に入り、咥えて遊んでいました。
そんなフレンディをセサミンが追いかけ、ボールを取られると思ったのか・・・
まさかのゴックン! (゜□ ゜;;;;;)えぇぇぇぇぇーーー
小さいペコペコボールですが、詰まったら大変!!
フレンディ、普通にハァハァしていましたが、一気に元気がなくなりネバーっとしたヨダレが・・・。
小型犬の飼い主さんもすごく心配されていました。

急いで病院へ・・・・・・ではなく、とりあえず家へ帰り、だいぶ薄めたオキシドールを無理矢理飲ませました。
数分後、無事吐いてくれました。
ふ~~、ひとまず安心。。良かったよかった。

↓洗ってみました。こんなボール。


職場でも誤飲はたまにあり、先輩方がされているのを見ていたので、職場で学んだ事が役にたちました。


「はぁ~、気持ち悪かった。」

その後、いつもの元気なフレンディに!
病院行かなくてすんだね(^^)♪


そしてセサミンは。。。
毎年寒くなってくると、耳の先から出血。(両耳)
↓わかりにくい写真ですが・・・。

カサブタになるのですが、ブルブルをすると取れ、また出血→カサブタ→ブルブル→出血・・・の繰り返し。
ハウス中、よく血が飛び散っています。
スヌードを付けていてもすぐに取ってしまうし、なかなか治りません。
毎年悩んでいました。
病院で診てもらっても、はっきりした原因は結局よくわからないまま、傷薬をもらいました。

こんな症状を職場の人に話してみると、似た症状を書いている記事を見つけて下さいました(@▽@)サスガッ!
自分でも調べたり検索してみたけど、それらしいのは出てこず、わからずじまいだったので感謝感激!!

その記事を読んでみると、まさにセサミンと全く同じ症状。

『発生する季節は冬。暖かくなってくると症状は治ります。
耳の先にカサブタが出来て出血を繰り返します。』

どうやら、寒冷凝集素症という免疫異常の病気のようです。
ほっておくと、どんどん耳が欠けていってしまいます。
ワイマラナーやダルメシアンなど垂れ耳の純血種に多く見られるようです。

病名がわかると、かなり調べやすくなりました。

薬も副作用があったり・・・。
良さそうな薬は大型犬となると、かなりな値段のよぉ・・・(@@;)

色々調べてみると5℃以下になると進行しやすいみたいなので、部屋を常に暖かくしておけば大丈夫そう。

灯油が高くて買えなかったけどセサミンのためなら買うっきゃない!
薬よりはだいぶ安いし、フレンディも暖かいもんね(^^)
換気や誰もいない時に注意して、アッタカ部屋にしよう~!!

直で当たるのも良くなさそうなので、一緒に入ってどの辺にストーブを置くと良いか体感してみました♪

「暖かいねぇ~♪」

セサミンは狭くなって迷惑そう(笑)

「狭いから、もぉ出ていっていいよ。」

セサミンにベタベタ。1時間以上は入っていました(^m^)

最近では出血もだいぶマシになりました。
良かった~♪♪
・・・でも灯油の無くなりが早いよぉー(>_<)
早く暖かい季節になって~!!


そんなこんなで、なんとか色々と乗り越えていってます。


これからも職場で色んな知識をつけて、健康で快適なセサミン&フレンディとの生活を送っていきたいと思っております(^^)♪
スポンサーサイト
セサミ・フレンディ話 CM:4 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。